治験バイトってなに?高収入と噂される治験バイトを実際にやってみた!

シェアお願いします!

こんにちは!
最近年収の問題で数ヶ月前からバイトを止めていた為、金欠になっていたチュン太です。苦笑

というわけで、今回は臨時高収入バイトと巷で囁かれている治験バイトの裏側に潜入!
ボランティアと称される治験バイトに行ってみたことをざっくり書いてみたいと思います!

第2弾はこちら!治験バイトの食事について書いてみました!

《墨田治験レポート》高額バイトの治験ってフリー時間に仕事できるし、食事は絶品お弁当でおすすめだぞ!
今回は治験シリーズ第2弾ということで、《実地レポート》高額バイトの治験ってフリー時間に仕事できるし、食事は絶品お弁当で良い事づくしだぞ!という題で、実際の治験でのご飯についてレポートして見たいと思います! (結構、病院食であんまり美味しくないんじゃないかって思われていらっしゃる方も多いと思うので、今回はしっかり写真付きで解説させていただきたいと思います!)

スポンサーリンク

*そもそも治験バイトってどんなバイト?*

治験

治験ってまじでこんな感じ。笑

正確に言うとアルバイトではなく、『ボランティア』になリます!
参考程度ですが、報酬は協力費扱いになるので別途で所得税なども発生しないとも言われています!
その分フリーで働いている方などは確定申告の際も申告が不要なので手間が省けて嬉しいですね!

基本的には投薬した薬が体内吸収されるデータを取ったり、副作用を確認したりする工程を行うようです!

『筆者が参加した治験は体内吸収の過程をデータに取る治験でした!』

*治験に参加した後は具体的に何をするの?*

ヤベーヨ治験。笑

ヤベーヨ、治験。笑 でもむしろ健康になる!

治験に参加する前に一通り健康診断を行い、その中で適正がある人が参加する形となります!
(BMIや生活習慣による血液検査の結果など結構シビアに検査して選ばれるので参加を検討されている方は普段から健康を心がけましょう!)

治験中は採血や身体測定、血圧や心電図など健康診断でやるようなことを繰り返し行います!
(筆者が参加した治験は採血や血圧、心電図を繰り返し取る臨床試験が多かったです。)

おそらく参加を考えている方が一番心配なのが『採血』なのではないでしょうか?

採血は投薬日の日は30分毎に採血をされたりしました。笑
(投薬日が一番検査が多いです!他の日は朝だけ検査を行い後は自由時間の場合が多かったです!)

僕の場合、沢山採血をしなくてはいけない日は腕にいちいち刺さなくても良いように、『留置』と言って柔らかい針を腕に残す様にして頂いたので、何回も刺されず痛みもなかったのでよかったです!

しかし普通の採血も基本的にはあるので参加を志している方は覚悟はしておきましょう!

『筆者は元々入院をしまくっていたので採血は余裕でした笑』

*どういう人が治験に参加できるの?*

どんな人が参加できるの?

どんな人が参加できるの?

治験は実は様々な枠があります!
僕は『健康な若年層男性』の枠で参加していました!その他にも『アトピーを持っている方』『喘息を持っている方』など疾患に対しての治験も存在するので自分にあった治験を探してみましょう!

治験を探せるサイトはたくさんあります!

↓↓↓VOBという治験、臨床試験のポータルサイトです!多くの案件があるのでおすすめです!

治験や臨床試験のモニター参加なら日本最大のVOB!
治験モニター情報サイトが臨床試験の参加者を募集中。国内最多登録数を誇るVOBの被験者募集方法は特許取得済みなので、信頼できる情報を提供できます!

↓↓↓医学ボランティア会の治験ポータルです!

治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN
医学ボランティア会JCVNでは治験・健康食品のモニターをご案内しています。

↓↓↓治験ネットというサイトです!案件の協力費も記載されているので選びやすいです!

http://www.chiken-net.jp/chiken/list.php

まずは登録をしてみて自分の条件にあった治験を探してみましょう!

*治験の協力費はいくらぐらいなの?*

 お金

お金

治験の協力費は大体日給で10,000円〜15,000円くらいです。大体泊まりがけで行う治験が多いので、協力費の記載が無い場合は日給で計算してみるのをありだと思います!
(筆者が最近で参加した治験は3泊4日と通院4回で10万円でした!)

泊まりがけですが、採血の時以外は基本的に自由な時間がいただけるのでその間にフリーのお仕事をこなせば効率も倍になるのでやりようではかなり効率よく稼ぐことができます!

『僕はフリーランサーの案件をこなしたり、ブログを書いたりしていました!Wi-Fiもあり、夏場はクーラーも完備なので環境が良く、かなり捗ってよかったです!』

*治験のことはよくわかったけどやっぱり身体に対する影響が心配…。*

 心配

心配

副作用に関しては一概に安全とは言えませんが、行う前の健康診断の際に医師からしっかりと身体に対する影響等も説明してもらえるので基本的には安全だと思います!

治験中に何か問題があった場合も24時間しっかりとサポートしてもらえますので安心して参加することができます!

万が一何かあった場合でもその間の治療費は免除され協力費もきちんと支払われると説明を受けました!心配な場合は事前にしっかりと確認をとりましょう!

(そもそもそんなにリスクが高い新薬の投与はありえないので基本的には身体に対する害はほぼほぼないと思います!)

*まとめ*

はっきりと『やった方が良い!』と言うことはできませんが、フリーで働いている方や仕事に場所を選ばない方などにはやはりおすすめです!

仕事をしつつ治験に参加することで効率よく収益を発生させることができるのでパソコン一つで仕事ができる方の場合は一度試されてもいいかもしれないです。

ちなみに治験は一度参加すると被験者の安全の為、3〜4ヶ月の休薬期間を設けなければいけないので継続して収入を得るというより、臨時収入として利用するのも良いかもしれませんね。

個人的には経験として参加してみるのはありかと思います!後々で話の話題にもなるので一度はネタづくりに参加してみてはどうでしょうか!

第2弾はこちら!治験バイトの食事について書いてみました!

《墨田治験レポート》高額バイトの治験ってフリー時間に仕事できるし、食事は絶品お弁当でおすすめだぞ!
今回は治験シリーズ第2弾ということで、《実地レポート》高額バイトの治験ってフリー時間に仕事できるし、食事は絶品お弁当で良い事づくしだぞ!という題で、実際の治験でのご飯についてレポートして見たいと思います! (結構、病院食であんまり美味しくないんじゃないかって思われていらっしゃる方も多いと思うので、今回はしっかり写真付きで解説させていただきたいと思います!)

『筆者は臨時収入としてバリバリ利用しております。むしろ治験に参加することで規則正しい生活を強いられるので健康になっていく筆者。笑』

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。